奈々原京馬の東京ひとりぼっち(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろ24歳を越えたころだろうか・・・

<<   作成日時 : 2011/01/13 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

プロフでもmixiでも誕生日は「毎年成人式とニアミスする頃」とだけ公言してるんで他の方々と違って明確にいつ誕生日迎えたのか判らず周りが迷惑する男。奈々原京ォー馬ッ!!!
やっぱ向上心持って活動、しいては生活せなならんのかね。
あ、あと。

あけましておめでとうございました、十数日を過ぎましたが本年もよろしくお願いします。


ついったーでも最近話題に上がってる「歌い手ファンBOT」や歌い手周辺のマナーに関する話。
まさか暴力行為にまでなってるとは思わんかったわ・・・本人周辺どの辺の話かはここでは割愛しますけど。

自分は底辺で、向上心も無く「楽しくできればいい」程度で止まってるけど上を目指す人たちはどうやらそれでは駄目で周りに気を張らなければいけないらしい。いや俺も最低限周りに気を使ってるつもりだけど。。
悪ノ娘ハンマーのセカチャクの件は許されまいだろうが。もうどうでもいいかこれは

話をかなり変えます。歌ってみたの人気動画にもなれば協力者なんてのもいたりします。
それは音源mixだったり動画制作だったりと様々。
随分前の話ですがとある方が協力に対してこう言ってました。
『「俺は歌い手がやりたいんだ、mixは自分の仕事じゃない」は間違ってる、私はmixも自分でしている。』
かなり大雑把に書きましたがこれに似た発言を有名歌い手さんがしていたのを覚えています。
確かに歌い手は歌うのが本丸、他の事をしたくないとは思うでしょう。私も思います、知り合いに頼んだらお金請求されちゃいましたww「それは仕事の依頼だから」って。
しかし自分がエンターテイメントを提供したいがそこに関わる雑務はしたくないってのはお門違いではないかと。
確かにツテがあってしてもらえるならそれはオイシイ話だ、しかしまだ生み出す前からやりたくないは子供の駄々ではないかと。
なぜしたくないのか、知りたいなら調べて自分の技術を向上させてからでも遅くはないんじゃないかと。
ニコ動で動画を投稿するなんてのは趣味の領域だ、スタート時点では誰も強要していない。
それでも何かしたいならまずは自分がどうあるべきか立ち帰って見直してもいいんじゃないかと。

ウチの同居人二人の恩師、声優の千葉繁先生はコンピューター初期から機械いじりが好きでそれが高じて(直結したのかは直接は知らないが)音響監督のお仕事もなさってる。
音弄りも好きだとどこかで聞いた事を考えるとやはり趣味と仕事が直結したのではないかと考える。

また少し話を変える、声優になりたい人間はたくさんいると思う。毎年養成所から一万人が卒業してるとも聞く。
そんな中で養成所に入ったばかりの人間の話を聞くと、
『声だけで演技すればいいから楽だと思った』
『アニメが好きだから声優になりたい』

なんて発言がある。事実俺が専門学校入学当初に同級生たちの自己紹介で散々聞いた言葉だ。
しかし講師陣は一喝する。
『声だけでなんとかなると思ったら大間違いだ、経験も体も出来てない人間には出来ない仕事だ』
声優だけでなく演劇全体に言える事だが、役者は演出家や監督から求められる演技をしなければいけない。
求められた事を「出来ません」なんて役者が言ったときにはその役者はもう要らないのである。
ではどうするか。その為の養成所である。
体を鍛え演技を学び想像力を育てる、その場を提供しているのが養成所である。
よく「暇な時は妄想しています」なんて事を自己紹介で言うものがいる。
アニメはファンタジーだ、非現実的である事も現実として跋扈している世界だ。
そんな世界の住人として演技している声優の演技がリアルなのは何故か、経験と妄想を声にして排出しているからだ。
アニメだけではない舞台もそうだ。なぜ妖精の演技ができるか、それは想像したから。
足を止める事なく羽ばたき続けイタズラ心を留める事なく人をからかい笑い続ける。
つまり役者である以上、妄想している事は当然でいちいち口に出して言うようなことではない。

体を鍛える事についても触れようか。声優は全身で発声していると思っていい。
それは喉だけで声を出しているんじゃない、腹式呼吸だと言う事の問題ではない。
口だけ使って喋る事は生きている人間全員がする事だ、しかしアニメの中のキャラはどうか。
もしかしたら走りながら喋っているかもしれない。
もしかしたら山の向こうの人に話しかけているのかもしれない。
もしかしたら体をねじって呼吸しているかもしれない。
これらは全て口だけでしゃべっている事ではない、目・体・距離感まですべて使って話している。
声優は確かにアニメ上では声しか聞こえない、しかしアニメの中のキャラクターは生きているのだ。
キャラと同じ筋肉を使って体を動かしながら喋る事を考えれば口だけで喋ってるなんて発想は有り得ないようになる。
台本片手に演技するにしてもその違い、効果が分かっていれば大きく変わってくるはずである。


大きく脱線してしまった・・・まとまらなくなってしまったが言いたい事は今のところ以上。異常って変換されちゃったw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ログインのクッキーが消えてパス忘れてしまったんで残念ながら当面放置します。

大体はついったーもしくはよあけまえの方のブログに書いて行くと思います。
京馬
2011/02/17 05:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
そろそろ24歳を越えたころだろうか・・・ 奈々原京馬の東京ひとりぼっち(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる